スピカシチーの馬情報

HOME 我が愛馬達 引退愛馬 タコベエ馬券とは!? 一口馬主とは 過去の特集 写真、動画 FAQ
リンク お問い合わせ このエントリーをはてなブックマークに追加
お金が無いのに競馬!!!!!!トップページ > 我が愛馬達 > スピカシチー

お金が無いのに競馬!!!!!!トップページに戻る

我が愛馬達一覧に戻る

引退愛馬はこちら

出走予定、結果、近況など、最新情報

4月13日中山7R4歳上500万下の展望、予想

前走は6着と昇級して以来スピカシチーの最高の順位だった。
これには少頭数、牝馬限定戦、低レベルのメンバーと恵まれたからだ。
条件はほぼ前回と同様ですが、中山への輸送はマイナス要素だ。
強調点は、この馬にしては珍しくリーディング上位の蛯名正義騎手が騎乗。
それでも出走奨励金以上掲示板未満でしょう。結果は解りきっております。

スローペースの前残りの展開で後方から2頭目だと厳しいですね。
切れる脚もなく7着まで追い上げるのが精一杯でした。
村山調教師のレース選びの着眼点は素晴らしく、出資者にとってはありがたいです。
しかし、節を開けるため放牧ry…。
同じことの繰り返しばかりなのでこれ以上の議論は省略します。
目新しかった点は、単勝万馬券の常連が4番人気と意外に評価されていたことだけ。
もう少し走らせてくれればいいが、牧場で放置されるよりかはマシか。
ただ出走するだけでなくたまには我々を驚かせてほしい!がんばれスピカシチー!



スピカシチー Spica City

プロフィール
馬名:スピカシチー鹿毛 2009/04/05馬名の由来:おとめ座のα星、真珠星+冠名
血統:父:アドマイヤムーン母:ミスザイール母父:Zafonic
厩舎:村山明(栗東)馬主:(株)友駿ホースクラブ生産者:幌村牧場

応援理由:タコベエがパンフレットを見て選定したマリアンヌシチーが未勝利引退のため、
代替馬としてスピカシチーとアリエルシチーに振り分けられたようだ。
この2頭「どっちがいい?」と聞くと当然「2つともほしい」と言った。
先代のときは使徒3号機が来襲したが、これまでの常識を破り覚醒を切に願います。

私の批評:アドマイヤムーンの初年度産駒で、当時の種付け料は500万円。
ただ、母の産駒の成績は最高で1勝しか出せず仔出しはよいとは言えない。
質の低い繁殖牝馬に高額種牡馬を付けてもよくできた産駒は
産まれにくいといわれるが、果たして如何に?

スピカシチー 2011年11月13日撮影

戦績:13戦1勝[1-0-1-11]
日付開催Rレース名頭数馬番人気着順騎手重量距離馬場タイム着差
2013/04/13中山74歳上500万下11247蛯名正義55ダ18001.58.40.8
2013/02/23阪神74歳上500万下104106長岡禎仁51ダ18001.55.81.0
2012/12/12笠松10初雪特別10933岩田康誠54ダ1800不良1.56.70.6
2012/10/27新潟33歳上500万下147128菱田裕二50ダ18001.55.81.3
2012/09/17阪神73歳上500万下1881612秋山真一郎52芝18001.47.50.9
2012/03/03阪神11チューリップ賞1441411国分優作54芝16001.37.62.1
2012/02/07名古屋9名古屋CCパイナップル賞10811岡部誠54ダ1400不良1.29.10.0
2012/01/05京都23歳未勝利1312106太宰啓介54ダ18001.56.61.7
2011/11/13京都22歳未勝利115106太宰啓介54芝16001.36.40.8
2011/10/10東京22歳未勝利1110108赤岡修次54芝18001.38.20.8
2011/09/03小倉22歳未勝利16161111花田大昴51芝18001.51.91.8
2011/08/14新潟12歳未勝利1891211西田雄一郎54芝18001.49.61.2
2011/07/10京都62歳新馬137117太宰啓介54芝14001.24.21.3


過去のレース予想と結果

2月23日阪神7R4歳上500万下

地方交流戦では3着とスピカシチーにしては珍しく出番があった。
強いて言えば弱い馬達の集まりだからこそ何とか格好は付いたというべきか。
今回は再び中央に戻ってきての参戦に。(阪神ダート1800m、牝馬限定戦)。
メンバーは10頭と非常に手頃で、しかも前走を大敗しているのがほとんどだ。
これ以上にない恵まれた条件ではあるが、追い切りの動きはバテバテで仕上がり不足、
昨年デビューの新人でこれまで121戦して1勝しか挙げていない長岡禎仁騎手なのが不安。

馬体重は前走比+17kgと太めで、調整不足といった感じは否めず。
だが、なんとスピカシチーは史上最高のスタートで、今回初めて五分に発馬を決めたのである。
今まで出遅れたり、行き脚が付かず後方からの競馬だったが、これは非常に感動した!
ダッシュが付いて勢いに乗りこのまま5番手の位置で追走します。
直線でも脚色はよく見せ場はあったが、最後は息切れしてしまい6着。
長岡禎仁騎手は上手くゲートを出してくれて良い騎乗だったと思います。
残念なのはこんな二度とないような恵まれた条件にも関わらず、
休養明けで乗り込めず息を作れなかった。仕上がってたら面白かったかもしれません。

12月12日笠松10R初雪特別

中央では力が足りないと判断されたのか、交流戦へ回ることに。
鞍上は岩田康誠騎手で、リーディング上位クラスの騎乗は初めてだ。
ほとんどの場合、スピカシチーと同じような馬達が集まるので、チャンスはある。
ここで結果を残さなければ、その後はどう考えても厳しいでしょう。

レースは、珍しく全馬きれいに揃ったスタートでしたが、
ダッシュが付かず後方から押して中段へ進出して行きます。
常にコースの外側を追走するため、距離をロスしています。
3コーナー付近で何とか内に潜り込み、残り400mの時点で3番手に浮上し、
しかし、勝負どころではいつものように最初に無理をして上がっていったせいか、
脚色が鈍り、前を捕らえることができず、何とか3着をキープ。
勝利は逃したが、それでも馬券圏内と活躍してくれました。
誰かさんが居ないとやはり目の覚めたよう走りますね。

10月27日新潟3R3歳上500万下

昇級緒戦の前走は着ほど内容は悪くなく、それなりに走れることを示した。
今回は新潟のダート1800mに出走。牝馬限定戦だが、条件的に合わないと思われる。
厩舎に戻して10日ですぐに使い、追い切りは併走馬に遅れたものの動きは上々。
相変わらず課題が残り、輸送でガレて力を出し切れずに終わりそう。
最低人気クラスで、馬券的に買える要素が見当たりません。

レースの結果は14頭立て12番人気8着!

スピカシチーは未勝利戦で掲示板にも載れず、クラスが上がり相手は強化され、
最下位近辺と思われたが、馬体重が増えて多少は成長した印象を受けた。
いつもの内容で省略させていただきますが、
メンバーとコース次第では優先権出走権と賞金獲得は可能かも…。

9月17日阪神7R3歳上500万下

スピカシチーはチューリップ賞に出走して以来、半年ぶりに実戦に復帰する。
昇級緒戦で相手は強化されますが、果たしてこのクラスで通用できるか?
戻してすぐに使う村山調教師にしては珍しく追い切りを乗り込んでいる。
しかし本数は十分ですが、今週の坂路の動きは冴えず、出来は一息。
したがってガラリ一変を望むことは難しいかと思われます。
少しでも上位に食い込んで次につながる内容を見せてほしい。

久々の出走ですが専門紙は無印。ズバリ、ガラリ一変があるか?
本日はこれまで人気薄の激走が目立ち、注目点はそこでした。
やっとマシになったと思ったら大きく出遅れしたスタートで以前に逆戻り。
後方から追いかける展開に。4角でも位置は変わらず、直線へ。
伸びることも垂れることもなく、途中で2頭が競走中止したにも関わらず、
18頭立て16番人気の12着で決勝線を通過。
勝ち馬から0.9秒差とはいえ、いろいろ条件が揃っただけに、
隣でみなぎった人が「もしかして?」を期待したが、がっかりしてた。
ちなみに単勝オッズは165.9倍でした。


3月3日京都11Rチューリップ賞(GV)に特別登録!

先日初勝利を収めたスピカシチー。そして次回はなんと、チューリップ賞に特別登録!
ついにタコベエの応援愛馬がクラシックのトライアルに参戦か!?村山先生の心意気恐れ入ります。

気になる登録頭数は20頭と意外に少なく、フルゲート16でこのうち1勝馬が13。
これは、ジョワドヴィーヴルを嫌って他陣営が回避したと読み取れますが…。
抽選の当選確率は9/13で、結構な確率で突破できそうです。

桜花賞といえば、お金が無いのに競馬!!!!!!桜の海物語篇での悲惨な過去を思い出してしまう。
まぁ、今度もそうなることを警戒しておりますが(笑)。

そしてチューリップ賞(GV)に出走確定!

タコベエにデビュー前から応援された馬が初めて重賞、クラシックのトライアルに挑戦。
いったいどれだけの人ががこうなることを予想できたか!?
常識的には最低人気、単勝300倍超えでみなぎるだろう。
一気に相手強化で最下位候補だが、次につながる走りをみせてほしい。
一口をされている方ならおわかりでしょうが、1勝するのは難しいことです。
結果はどうであれ、自分の愛馬が重賞に出走することは感慨深いものである。
ほんのちょっぴりでもクラシック気分を味わえるとはやはりうれしいですね。
2012 2 26執筆、3 01追記

レースの結果は14頭立て14番人気11着!

スピカシチーがついに重賞、クラシックのトライアルに出走。
村山調教師のコメントは「ダートで勝ち上がったけど、本質的には芝向きです。
体もキープできてるし、状態は良好。相手は一気に強くなるが、少しでも時計がかかれば。」
とダートより芝向きだそうだ。

非常に期待度は低いが、これ以上になく異様にみなぎっていた。
それもそのはず、472.4倍の最低人気でした。

そんな盛りあがりをよそに、チューリップ賞が幕を開けた。
今回も出遅れずにスタートを切ります。
別の意味で名前を呼ばれ、注目されるかと思ったが、大した進歩だ。
しかし、二の脚は速くなく、後手に回ります。
ペースはスローで流れます。後方から3番目の位置。
いつもは中段あたりにとりつきますが、掛かることはなかった。
最終コーナーで追い出しにかかりますが、それ以降映しだされず、
流れこむように何とか最後方集団の先頭の11着でゴール。
やはり人気通り最下位かと思われたが、3頭も交わした。

スピカシチーは中央の未勝利戦でさえ掲示板に載った事すらないが、
なんと、中央で勝利を挙げた3頭に先着した。
さすがに相手は強かったですが、力を出せ、よくがんばってくれました。

いつも人気以上に走ってくれます。きっといつかは…!?。


2月7日名古屋9R名古屋CCパイナップル賞(JRA指定交流)で
スピカシチーが見事に初勝利を飾る!!

ついにこの時がやってきた!!タコベエの応援愛馬の勝利が!!
しかし、地方競馬の交流戦なの馬券を買えなかった…。
当然、出走したことも勝ったことも知らない。
この事を伝えるのはやめておこう。分かった瞬間暴走してしまう…。
管轄から外れた途端、活躍するのは滑稽である(笑)。

それはさておき、レースの回顧を。
なんと普通にゲートを出た。しかし、二の脚は速くなく、5番手。
勝負どころになると徐々に加速し、直線に入ると先頭に躍り出ます。
後続馬が猛然と追い上げてきますが、写真判定の末ハナ差凌ぎ切り、1着でゴール!!

見事スピカシチーが優勝しました。地方交流戦ではありますが…。
関係者、保護者の方々おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。

この勝利によって未勝利戦が終了する3歳秋以降も楽しみ続けることができます。
相手関係が弱くなる夏頃にはレース慣れし、馬券圏内には…と思ったが。
クラスが上がって相手が格段に強くなり、当分の間は確実に単勝万馬券の対象と思われます。
喜ぶのは高配当を追い求めるタコベエだけですけど。
勝ったレースは未勝利戦で1番人気に推されるほど、レベルが低かったですから。
しばらくは2桁着順の繰り返しでしょうが、徐々に力をつけてくれればと思います。


1月5日京都2R3歳未勝利

スピカシチーはデビューからすべて出遅れ、もどかしい競馬が続く。
ダート1800mで、輸送の少ない京都です。
まずまず追い切りは乗られておりますが、相変わらず不安要素はあります。
頭数が13頭とダートが不安材料です。牝馬限定戦でなくて残念ですが。
以上の不安材料が揃っており、いままでよりも期待できるわけがありません。
追走に手一杯でシンガリあたり、そのまま流れこみかと思います。
村山厩舎は相変わらずゲート練習してませんね…。コピー文章ですいません。

当然過去のVTRの再生のような感じで幕を開けた。
2馬身ほど出遅れ、(以下省略)一気に中段に進出します。
毎度お馴染みのパターンで垂れるかと思われたが、
意外な粘りを見せ6着!(10番人気)
ダートもまずまず走れていました。これで番組の選択の幅が増えたと思います。


11月13日京都2R2歳未勝利

過去4走連続すべてスタートで出遅れる。
芝1600mで、これまでの遠征とはちがい、今回は輸送の少ない京都です。
珍しく一杯に追い切られており、11頭と手ごろなのも好材料です。
以上の好材料を踏まえ、いい走りが期待できそうです。
9番人気6着くらいかと思いますが、うまくいけば掲示板もあるかと思います。
相変わらず調教欄にゲートの文字は見当たらず…。

出遅れるスピカシチー
(黄色の帽子5番)

私の予想は人気とオッズを除きすべて当たっていました…。
ターフビジョンにリアルな迫力のある映像が映し出された!
2馬身ほど出遅れ、(以下省略)最終コーナー付近で徐々に上がっていきます。
挽回するためロスしても粘りを見せ、
ジリジリと伸びるような感じで6着!
何度も繰り返しますが、まず、まともなスタートを切れるよう矯正すること。
今回は一番まともな競馬でした。条件が揃えば穴を開けることもできる色気もあります。
ちなみに単勝オッズは11頭立てでも119.8倍でした。


10月10日東京2R2歳未勝利

どうやら出遅れ癖が付いてしまったようだ。
東京の芝1600mで、しかもなぜか長距離輸送…。
前走は道中で鞍がずれてしまい、追い出すことができなかったそうですが、
最下位近辺にならなかったのは能力はそれなりにあるということだ。
軽めの調整、東京への輸送と不安要素が揃っており期待はできませんが、
ただ一つの好材料は、11頭と手ごろということだけです。
出遅れ込みで9番人気8着くらいかと思いますが、展開次第では掲示板もあるかと思います。
単勝100倍とはいきませんが、60倍位のオッズになりそうです。

スピカシチー出遅れたとアナウンスがあり、
やってくれました!私の予想は人気を除きすべて当たってた…。
さすがに呆れて何も言えなくなりました…。
3馬身ほど出遅れ、後方待機し、かかるように一気に中段へ進出します。
それで余裕がなくなり、直線に入ると切れが鈍り、
見せ場をつくることなく8着!
まず、ゲート難を矯正し、ビッシリと追い切り、負担の少ない阪神、京都で出走。
ちなみに単勝オッズは64.3倍でした。

村山厩舎のあまりの無調整ぶりに脱力し、コピー文章っぽくなってしまいました。


9月3日小倉2R2歳未勝利

過去2走とも出遅れまともに競馬をしていない。
1800mで、ゲート調教を行わず、しかも小倉への輸送…。
序盤のロスを取り返すため、終盤で苦しい展開になるのは容易に予想できる。
軽めの調整、ゲート難、馬体減と課題だらけで、
ただ一つの好材料もありません。頭数が16と多く、大きくは期待できません。
10着前後くらいかと思いますが、スタート五分なら掲示板もあるかと思います。
16頭立てなので単勝100倍を超えそうです

2度あることは3度ある…。レースは最後に枠入りし態勢完了。
そして恒例の3-4馬身出遅れたとアナウンスが。
後方から追走し、掛かり気味に上がっていきます。
やはりこれで脚を使いすぎたようで、ぱったり止まり、
流れこむように11着!
まず、入念に矯正し、ビッシリと追い切り、10日で使わず阪神、京都で出走。
ちなみに単勝オッズは113.5倍でした。


8月14日新潟1R2歳未勝利

スピカシチーのデビュー戦はスタートで3馬身ほど出遅れ指定席かと思わせたが、 徐々に追い上げいいセンスを見せた。芝1800mで、見所は距離延長でどこまで変わり身を図れるか。
相手関係は目立って強くも弱くもなく、団栗の背比べといったところ。
追い切りは小柄な馬で強く追うとガレやすいので控え目な追い切りです。
さらに輸送による馬体減も不安材料です。前回はよい動きを見せ、追い切り内容は気になりません。
まともなら掲示板も十分可能と予想します。変わり身を見せるのか期待。
アドマイヤムーン産駒は絶好調なので期待できそうです。
ただ、先月馬連を写真判定で外したことを未だに根に持っており、
使徒タコベエが復活する前兆のような動きをみせている。暴走しなければいいが…。

前走は人気薄ながら最後になかなかの脚を見せ健闘した。
今回も人気薄でオッズは3ケタを超え、みなぎっている。
レースは前走の再現か、また出遅れます。
道中は中段よりやや後ろで追走して進めます。
直線に突入するとバテた馬を交わした感じでなだれ込むように、
18頭立て12番人気11着!
スタート五分で追走に脚を使わなければなければ好勝負も夢ではありません
一着から1秒2差なのも救いかと思います。


7月10日京都6R2歳新馬

志半ばで引退したマリアンヌシチーの代替馬スピカシチーがデビューします。
村山調教師のコメントは、背中が柔らかくて乗り味のいい馬。性格も素直で可愛いそうだ。
可愛い…。名前の由来である乙女座…。タコベエ流に解釈すると、可愛い乙女。
だが、いつまでも女性が寄り付かないように追い切りは軽めの調整で気配は薄い。
小柄なので使いながら成長させるといったところでしょうか。
着順は2桁と予想します。1桁なら見所は十分にあると思います。
可愛い乙女を巡ってのラブゲームはどんな展開が待ち受けているのだろうか?

夏競馬といえば新馬戦。この時期にデビューできるのはとてもありがたいことです。
いろいろ頓挫があって3歳のこの時期にようやくデビューということも少なくありません。
そんな経験があるからこそ嬉しいのです。それで結果が伴えば何も言うことはなし。
そんな期待をよそにファンファーレが鳴り、各馬ゲートインし、ゲートが開いた。

スピカシチーは無残にも夢を打ち砕かれるように大きく出遅れてしまった。
すでに指定席確定かと思いきや、最後方追走ではなく徐々に押し上げます。
最後は追走に脚をを使ったせいか、少しずつ伸びながら7着!
追い切りが動かず最下位近辺が予想されたが、不利があっての健闘は今後に期待を抱かせる内容でした。
418キロと小柄ですが、芝の適性もなかなかのようです。
いつ可愛い乙女がやってくるのか、次走以降が楽しみです。

目次
タコベエ

Powered by 一口馬主DB

スピカシチーの馬情報トップへ戻る | お金が無いのに競馬!!!!!!トップページに戻る
このホームページに掲載された記事、写真などを許可なく無断で複製、転載を禁じます。 | プライバシーポリシー
Copyright (c) 2010-2013 by タコベエ All Rights Reserved.