引退愛馬マリアンヌシチー、ルチル

HOME 我が愛馬達 引退愛馬 タコベエ馬券とは!? 一口馬主とは 過去の特集 写真、動画 FAQ
リンク お問い合わせ このエントリーをはてなブックマークに追加
お金が無いのに競馬!!!!!!トップページ > 引退愛馬マリアンヌシチー、ルチル

マリアンヌシチー Marianne City

プロフィール 2011 4 13 登録抹消
馬名:マリアンヌシチー鹿毛 2008/04/20馬名の由来:フランスの女性名+冠名。母名より連想
血統:父:リンカーン母:シャンゼリゼシチー母父:ブライアンズタイム
厩舎:安達昭夫(栗東)馬主:(株)友駿ホースクラブ生産者:幾千世牧場

応援理由:パンフレットが大好きなタコベエが自慢げにパンフレットをペラペラとめくり
ページに「満口」と書かれており、それを説明すると
ニヤリと笑い、「すごい馬やのう」と太鼓判を押すように言ったのが理由です。
デビュー前から応援するのは初めてです。保護者の皆様と共に一緒に応援してまいりましょう。
私の批評:馬格的に436キロと小さめで、ダートでは結果が出ませんでしたが、
芝向きかと思われます。芝で一変を期待できるかどうか。


戦績:3戦0勝[0-0-0-3]
日付開催Rレース名頭数馬番人気着順騎手重量距離馬場タイム着差
2011/04/02小倉63歳未勝利1681116松田大作54芝20002:03.93.9
2011/01/15京都53歳未勝利1631313川須栄彦51芝18001:52.32.8
2010/10/30京都52歳新馬1110910安部幸夫54ダ14001:32.15.3



過去のレース予想と結果

タコベエが一口クラブのパンフレットから愛馬を選定し(お金が払えず入会、購入できない。)、
はじめてデビュー前から応援することになるのがマリアンヌシチーです。
購入?〜育成牧場〜厩舎へ入厩〜馬名登録〜調教〜出走の過程を妄想しながら一喜一憂し、
出走した時には馬券で狂信者のように熱狂し、外れたら全てを失ったかのように暴走する。
複勝すらハズレの山。同様に残念なことに引退してしまいました。
しかし、動物が大好きであることが高じて、一口馬主の本当の楽しさを学んだようです。


4月2日小倉6R3歳未勝利の展望、予想

前走芝の1800mはそれなりに走れた。今回は小倉芝2000mに出走。
前回は非常にメンバーが強力だったが、今回は別世界のように軽いメンバーに。
調教の動きもこれまでのマリアンヌシチーとは違いよく動いている。
特筆した相手も見当たらずタイムオーバーの心配もないだろう。
ただ、小柄なだけに小倉への輸送は馬体重減は気になるところ。
今度こそ一桁着順に向かって1頭でも多く交わし前進を期待する。
気になる単勝オッズはメンバーが軽いため100〜150倍くらいかと思われます。
2011 4 01執筆

レースの結果はちょっぴり夢見れたが16着でした!

ただ、小柄なだけに小倉への輸送は馬体重減は気になるところ。
と書いたが、輸送が響いたみたいで-10キロのに。
パドックでもチャカチャカ気味で、騎手が首筋をなでてなだめてました。

レースはマリアンヌシチーは好スタートを決め、2番手の位置につけます。
道中も3番手をキープし、もしかして・・・と思った。だが、ここまでは夢見れた。
しかし、最終コーナーへさしかかる頃には徐々に後退し、
完全にバテてしまいまるで歩くかのように16着でゴール。
やはり輸送での馬体減が響いたようです。
次回は短い距離でふっくらしてほしいですね。いつになるかわかりませんが。

マリアンヌシチーを巡りタコベエにとってライバル出現!?

それはいつものようにマリアンヌシチーのオッズを眺めている時の出来事であった。
締め切り20分前には12番人気で約60倍で、徐々に上がり、
80倍くらいまで上がり、締め切りまでには順調に3桁を超えると思われた。
ここでタコベエを震撼させる事件は起きた!!締め切り7分前のことであった。
なんと、目を疑うような出来事が。一気に15倍に下がってしまったのだ!!
本当にマリアンヌシチーに突っ込んだか、間違えたかは定かではありませんが、
人気薄にここまで大金を投入できる猛者がいるなんて!!
タコベエは「オラわくわくしてきたぞ」状態になり、敬服し、好敵手と認めたようだ。
結果は儚く無残に散って行ったものの、世界は広いなぁと痛感した。
「オラはその強さをもう1歩超えてみせる!」と心に誓ったようだ。
どこのどなたかは存じ上げませんが、私たちはその勇気と度胸を称え、

表彰状

貴殿は小倉6レースに於いて可能性の低い馬に
全身全霊を注ぎ立ち向かったことに際して
多くの人々に勇気を与えた行動は称賛に値する
我々はただただ感服するばかりでございます
貴殿の勇気と度胸を称えここに表彰いたします

二〇一一年 四月 二日 タコベエ一同


1月15日京都5R3歳未勝利の展望、予想

前走ダート1400mで大敗したマリアンヌシチー。
動きからしてみれば芝のほうがよいのは明白で、今回は芝1800m。
しかし、今回は上のクラスかってくらい非常にメンバーが強力。
2場開催と芝の番組が少ないこともあり優先出走権持ちが集まってしまった。
調教の動きは相変わらず一息で、芝でどれだけ変わるか。
したがって気になるオッズは300倍は付くかと予想します。
おそらく、いや確実に見た瞬間飛びつくだろう。
ついに恐れていた使徒タコベエが降臨することになるのか。
マリアンヌシチーの芝での変わり身を願うが、暴走モードも見てみたい気もします…。
2011 1 13執筆

レースの結果は人気通りの13着!

放牧後帰厩してから坂路調教中心で調整されていたマリアンヌシチー。
追い切りの動きは相変わらず一息のようで、専門紙の安達調教師のコメントも
「放牧明けになるけど、動きが変わってこない。芝で〜」と期待薄なコメントが。

パドックはチャカチャカ気味で、芝での変わり身を期待した。
順調なスタートでしたが行き脚がなく後方から2頭目の位置に。
追走に精一杯なせいか中盤以降も位置は変わらず、最終コーナーへ。
直線も伸びず、しょぼい馬2頭を交わし、13着でゴール。
それでもダートより芝ほうが多少マシといったところでしょうか。
これで次回以降も単勝万馬券以上のオッズが継続確定。

単勝最終オッズはやはり224.4倍!!!

300倍はつくと予想した単勝オッズはそれでも224.4倍に。
人気の低い馬の場合締め切りに近づくにつれ大きく上がる。
朝は80くらいで推移してましたが、5分前には150、最終的には224.4倍に。
いつも単勝万馬券を買うタコベエはここまで上がるのをわかっていたのか、
オッズを見て即飛びついたのであった。

それ以降の出来事は「特集第2弾 新春特番!競馬初め」(鋭意製作中)で詳しく書きます。


マリアンヌシチーのデビュー戦の展望、予想

調教の動きは一息といった感じで、先週まで併走馬に遅れをとったものの、
今週の追い切りは相手に先着し、少しずつ良化が窺える。
ダートは合わないかと思いますが、台風の影響で馬場状態が変わることを考えると、
よい方向にむいてくれれば激走もあるかもしれません。
次走でタコベエがマリ、マリンマリアンヌを求め暴走を阻止することを期待します。
2010 10 28執筆

デビュー戦の結果は予想通りの10着!

坂路調教の動きは一息で期待薄と思いましたが、
やはり…な結果でした。専門紙の安達調教師のコメントも、
「ケイコの本数は重ねているが動きは一息。使ってから。」と。

まったく見所がありませんでした。辛うじてタイムオーバーは免れたが…
これで次回はかなりのオッズがつきそうです。芝での走りを見てみたいですね。

話は少しそれますが、パチンコ店でタコベエがエヴァンゲリオンの台を打ちたそうに
足を止めて見ておりました。特に真希波・マリ・イラストリアスの絵を
食い入るように釘付けでした。何かマリアンヌシチーと被ったか…!?

マリンだけではなく真希波・マリ・イラストリアスも標的か…。
「女ほしい」と磐面の真希波・マリ・イラストリアスを指さした。
単勝万馬券が目標の次走は暴走することになりそうな予感がします。
もちろん覚醒した走りが見られればいいですが。

というわけで、次回は

 
EMERGENCY 警報 EMERGENCY 使徒タコベエ来襲!

ということになりそうです。保護者の皆様と一緒に応援していきましょう!


ルチル Rutile

プロフィール 2010 9 15 登録抹消
馬名:ルチル栗毛 2007/01/25馬名の由来:金鉱石
血統:父:トワイニング母:サーティエイトゴーゴー母父:Thirty Eight Paces
厩舎:古賀史生(美浦)馬主:松本夫佐子生産者:スガタ牧場

応援理由:
8周年記念特別企画 お金が無いのに競馬!!!!!!で大金を投じその期待に応える?ような衝撃的な競馬だった。
その走りは我々の記憶に焼きつくほどでした。
タコベエ曰く、出走表の中でただ1頭成績の欄が空白、高配当がつくことから、欄が光り輝くように見えたそうだ。
いつか当てるぞ!単勝万馬券!の礎となった記念すべき馬です。(当てたことはないですが)
私の批評:
母は仔出しがなかなか良いが、高齢なのが気になります。
早生まれなのでそれがプラスに出ればいいが、初戦がこのような結果だけに…。
血統的にダートの短距離といった感じですが。


戦績:3戦0勝[0-0-0-3]
日付開催Rレース名頭数馬番人気着順騎手重量距離馬場タイム着差
2010/08/012新潟673歳未勝利18151515村田一誠54芝10000:58.02.1
2010/05/223東京163歳未勝利18121818酒井学54芝14001:27.23.0
2010/04/111福島233歳未勝利123912田辺裕信54ダ10001:04.33.7



引退は残念ですが、3戦まったくいいところがありませんでしたが、いろいろな意味で記憶に残る名馬でした。
一口馬主をされている方にはおわかりでしょうが、この馬には深い愛着というものを教えてもらいました。
特に最後になったレースでは、3頭かわして最下位を脱出したことが感慨深かったです。
残念、一口馬主といえば、キャロットクラブのルチルクォーツ(募集価格3,000万円)は残念でした…。
サンデーのルチルドラード(募集価格2,400万円)は特に40口ですので、タコベエが馬券で悲惨なことにならないように草葉の陰から見守っていきます。


目次

タコベエ

Powered by 一口馬主DB

引退愛馬マリアンヌシチー、ルチルトップへ | お金が無いのに競馬!!!!!!
このホームページに掲載された記事、写真などを許可なく無断で複製、転載を禁じます。 | プライバシーポリシー
Copyright (c) 2010-2013 by タコベエ All Rights Reserved.