お金が無いのに競馬!!!!!!
HOME 我が愛馬達 引退愛馬 タコベエ馬券とは!? 一口馬主とは 用語集 写真、動画 過去ログ
FAQ リンク お問い合わせ ツイート
我が下僕に愛の手を > お金が無いのに競馬!!!!!!

お金は無くても競馬で大儲けしよう

ご挨拶

お金が無くても大きな夢を求め続けよう!!…いや、掴む!!
泣いたり、笑ったり、傷を舐め合ったり、喜びを分かち合ったり…。
おもしろおかしく笑って頂けることが多いと思いますが、
私どもはささやかながら皆様を奮い立たせる力になれれば幸いです。

おすすめコンテンツ

ついにJRAからJRA補完計画が発動!
JRA補完計画とは、競馬とエヴァンゲリオンがタイアップしたサービスのことで、 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの公開を記念して制作されている。
当サイトの主もエヴァにハマって過去に制御不能な暴走をした。

使徒と化して暴走した経歴はこちら。
過去ログ 特集第2弾 【エヴァンゲリオン】新春特番!競馬初め 使徒暴走篇【シンクロ】
特集第1+2=3弾 【200万馬券】盛夏特番夏祭り!エヴァに変身再び篇【補完計画】

INFORMATION

出走予定、結果
2013 02 28 アクメバイオ、03 02 阪神3R出走!
2013 02 21 スピカシチー、02 23阪神7R出走!
2013 02 09 コレクターアイテム、クイーンカップは9着
2013 01 03 アリエルシチー、01 03 京都7R
2012 12 04 コレクターアイテムの阪神ジュベナイルフィリーズ特集を立ち上げました!
2012 09 15 ハニーバニー、惜しくも2着!

コンテンツ更新履歴
2012 08 19 特集第5弾 【碇シンジ】現実への怒り、伝説を信じ、逃げちゃだめだ!【標的はアスカ】順次公開中!
2012 01 04 「特集第4弾 新春特番!競馬初めPart2」公開中!
2011 08 24 特集第1+2=3弾 【200万馬券】盛夏特番夏祭り!エヴァに変身再び篇【補完計画】を公開!
2011 03 28 友駿ホースクラブに愛の手を〜最後まで見守ろうを開設しました。
2011 03 08 特集第2弾 【エヴァンゲリオン】新春特番!競馬初め 使徒暴走篇【シンクロ】を公開!
2011 02 25 究極の馬券術タコベエ馬券とは!?を開設しました。

過去の応援愛馬の出走、状況の履歴
現役馬:スピカシチーアリエルシチープレデタールチルドラード
引退馬:ステラリード マリアンヌシチー|ルチル 2012 06 07 プレデター、06 10 阪神2Rでデビュー!
2011 08 19 ルチルドラード、08 21札幌2R
2011 04 13 マリアンヌシチー引退

このサイトの趣旨

お金が無いのに如何に競馬を楽しむか

タコベエはお金が無い。毎日動物を可愛がってる?せいか競馬が大好きだ。
交通費さえ払うのを拒む。ウインズまで時間をかけて自転車を駆る。
大抵の場合、馬券を買うのは100円だけ。1000円持ってたら大勝負の合図だ。
気に入った馬を引退するまで追い続けるスタイルで、単勝と複勝を買うことが多い。 (上記の理由でほかの券種は買いにくいそうな)

馬を持つことが夢だが、お金が無いので当然持てるはずがない。(高い収入と資産がなければ馬主になることは不可能)
我々一般人でも共同出資して所有できる一口馬主クラブに入会したいが、 やはり費用すら払えず入会できないのであった。
カタログは無料のクラブが多く、取り寄せまくって選定するのだ。
お気に入りの馬は名前や新聞、雑誌等で選定する。 まるで自分の愛馬のように応援するそんな馬主?ライフを満喫しているタコベエに愛の手を!

一口馬主クラブのパンフレットがいっぱい
一口クラブのパンフレットとタコベエ

特集

特集第5弾 【碇シンジ】現実への怒り、伝説を信じ、逃げちゃだめだ!【標的はアスカ】

「特集第4弾 世界が終わるのよ。逃げて 逃げ出しても抜け出せない〜」は過去ログに移動しました。

ちょうど一年前にこの現実を知った夏…。

昨年、数々のトラブルを巻き起こしビーストと化したタコベエ。その人を捨てた力は止めようがなく、ひたすら我が道をひた走る。

詳細は盛夏特番夏祭り!エヴァに変身再び篇をご覧ください。

1月に当てて以来、今年の8月まで馬券の的中は一回きりだ。ここ2か月の間応援愛馬は出走せず、平和のひと時が続いていた。

完全に平穏無事かといえば、それは違う。相変わらず「金ない。女ほしい。」を連呼するが回数は少なめで、あくまで平常時と比較して静かということだ。

現在JRAはJRA補完計画のイベントを実施。これは今秋ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの公開を記念したコラボ企画で、 指定されたレースを予想し、結果次第でEVA券などさまざまなプレゼントがもらえる。

当然、こちらも異様に盛り上がっており、一時競馬に行けずギラギラした闘争心が萎えたかのように思えたが、勢いを取り戻したようだ。

さらにアスカクリチャンが人気薄で七夕賞を制し、この出来事が高配当をこよなく愛する者にとって活力となりスイッチを入れた。いままでマリ一筋だったが、今度はそっちが標的か?

再び昨年と同様あの悪夢のキャンペーンが訪れてくる。

いままで他のキャラクターは眼中になかったが、チラシ等の資料を集めるうちに少しづつ気に留めるようにはなった。それでもメニューとして扱わず刺身のツマ程度の認識だ。

最近エヴァ関連の言動(ゲンドウ)や無料で貰えるグッズを持参する頻度が高く、何かの予兆と感じたが、当たりだった。私はある情報を事前に察知し、その後の行動は容易に想像できる。

さて、大きな被害を被る前に手を打っておくか…。このままではなすすべなく強引に付き合わされ、思わぬ出費で自分だけが損をする羽目になる。 一刻も早く計画を考案し発動させる為、準備に取り掛かった。

「逃げちゃだめだ!」と碇シンジばりに苦難に敢然と立ち向かう。なぜなら、無視すると即効性があり一時的に高い効果が得られる。 しかし、後々しつこく要求してくるようになり却ってマイナスだ。

こちらから仕掛けて納得してもらおう。そこで、俺を信じればいい物をあげよう…と持ちかけ、タバコを切らしてるからくれ!と数本拝借し、 さらにいつもの銘柄2つ頼むと800円の代金を渡し、不足分を払わせるためわざと買いに行かせる指令を出した。

「たらへんかったやんけ、ぼけぇ」涙目になりながも俺を信じろと叱咤激励し、似たような作戦を数日に渡り幾度となく繰り返した。

順調に任務を遂行し、予兆から実体へ。8月15日運命の日はやってきた。

エヴァンゲリオンキャンペーン…。逃げちゃだめだ!ばっちこい!先制攻撃の態勢を構えた。お前の指令などすべて予測済みだ。

筋書き通りに例の如く電話がかかって来た。「ローソンにいるのか?」「どうせお金は綾波レイ(0)なんだろ?」と尋問すると、興奮気に「そうや、ようわかったのう。はやくこい。」心を鬼にした成果を試すべく目的地へと向かった。

現地に着くや否や、狂ったかのように嬉しそうにお出迎え。タコベエは足早に店内に入ると早速真希波・マリ・イラストリアスのクリアファイルを手に取り、「ほしい。」とねだる。

神の如く上から目線で「いろいろ奢ってもらったお礼にプレゼントしてやろう。」と言うと、無邪気に嬉しそうな笑みを浮かべ、対象商品を手にレジへ。この言葉の為に非人道的な行為を展開してきた。予定通りあっさりと上手くストレス解消に成功。

私もついでにアスカのを貰っておくか。一緒に買えば恥ずかしくもない。二人分の会計を済ませ、店を後にした。

ずっとマリ一筋で碇シンジや渚カオルは無関心。なぜかこちらのアスカを「ええのう」と何度もチラッと仕切りに気にしはじめた。 クリアファイルをエサに手伝いを頼むと快く引き受けてくれ、再び週末までこき使った。

念願のアイテムを手に入れても欲求は満たされず、激しさを増した。

まだ不満は残っていたようで、今度は「どっかいきたいのう。」を連呼。「お金は持ってるか?」の尋問に対し、意外な答えが。「いっぱいもってる。つこうてへんで。1000円ある。」 「それっぽっちじゃぁ無理だぞ」と否定すると、「たう、馬や。」最近応援愛馬が出走せず、道理でフラストレーションが溜まるわけか。

8月18日、久々に競馬に行くことに。下準備をするらしく、ローソンへと強制連行された。当然、(中略)兵器は多ければ多いほどよいらしい。再度ありがたい金言の如く「我を信じ給うならば、汝に幸福は訪れよう」 と恰好を付け、希望に応えた。

同じ仲間が欲しいからか、「(おまえもアスカのクリアファイル)もってきてないんか?」と問われ否定すると、「これ(碇シンジ)にせいや。」と勧めてきた。 いくらJRAがエヴァンゲリオンとコラボしてるとはいえ恥ずかしくて持って行くわけなかろう。今回はさすがに代金を渡し買いに行かせた。

いつもに増して欲求をマシンガンのように連呼しながら熱気を増幅させ、発する暑さに負けずに自転車を転がしウインズに到着した。

そして果てしなく長く険しい凄絶な戦いが幕を開けた。

ウインズに入ってすぐ一目散にインフォメーションに駆けだし、レーシングプログラムを取りに行き、喫煙ルームへ。

壁にもたれて座り、「ゆかた、たうかったのう。」と受付のねえちゃんの服装が浴衣とちがうこと愚痴り、レープロの出走表を眺めている。

タコベエはしばらく固まった後、急に激しくみなぎりはじめた。どうやら購入の標的を定めたようで、引き寄せられるように券売機へと向かった。

何故か額に切り傷を作り戻ってきた。「どうした?」と聞くと、みなぎりすぎて転んだそうだ。買ったのを見せてもらうと、思わず絶句する馬の名前が。

なんとそれはアクメバイオ、ハニーバニーの欲望にまみれた世界を象徴した応援馬券だった。道理で興奮の度合いが半端なかったわけだ。

レープロの該当レースの頁を開き、メイクデビュー小倉、69番を指差して強調し、アクメバイオの馬券を片手に「女ほしい。」とニヤニヤしながら嬉しそうに微笑んだ。

一体どんな頭の構造(コウゾウ)なんだ…。さっきまでの熱気とはちがい、今度はまるで冬のように鳥肌が立つ嫌な悪寒が駆け抜ける。館内の冷房がさらに追い討ちをかけ、一気に体調はどん底にまで低下した。

メイクデビュー小倉
6枠9番アクメバイオ。
頭の構造(コウゾウ)と欲望を如実に顕す。
良くも悪くも完全復活を成し遂げたといえる。

第一波とはいえ、いまにも嘔吐しそうなぐらいの強烈さだ。

碇シンジの心境で競馬が終わるまで「逃げちゃだめだ!」と何度も自分に言い聞かせ耐えた。意識朦朧としたままレース時間を迎えた。

タコベエは鞄から真希波・マリ・イラストリアスのクリアファイルを自慢げに取り出しこの時を待ち侘びた。各馬ゲートインし、態勢完了。

ゲートが開き6枠9番アクメバイオはまずまずのスタートで、しかし行き脚は付かず後ろからの追走。強力なATフィールドを発散させてモニターで行方を見守る。思いとは裏腹に3コーナー過ぎで下がりはじめ、毎度のパターンに。

ピンチになり追い詰められたようで、クリアファイルを予想紙の替わりに丸め振りかざしはじめた。直線手前では依然馬群の最後方で最後の攻防へ。

馬券オヤジさえもこのただならぬ気配を察知して端へ移動しはじめた。私もこの場を離れようにも、すでに活動限界で逃げる場所も気力もなく、ただ座り込むだけ。

直線に入るや否や、終結の園を信じ「9っ!9いくぇー!」と額から怪光線を噴射させ周りの声援をもかき消す勢いで金切り声をあげ絶叫する。誰がどう見ても異様な光景だった。

結果は人影で隠れて一部始終は拝めず。3着以内に名前は挙がらず不的中のようで、顔は生々しい鮮血にまみれ不気味な表情で佇んでいた。周囲にはぽっかりと空間ができ、そこから流れる冷房の風が肌を突き刺すように感じた。

真希波マリと使徒
運命のレース前の長い待ち時間。
額に傷を作り兵器を自慢しニヤける。
すでに誰も近づけぬ領域に入り、
周囲を身の毛もよだつ世界に変えた。

考えることはただ一つ。どうやってウインズから連れ帰るかだ。

こうなることは予想できたが、ブランクがありピンチにも追い詰められてもいないのに、ここまで想像を絶する恐ろしさとは…。この先どんなことになるのやら…。

「逃げちゃだめだ!」と立ち向かったのはよいが、エヴァ活動限界につき、最早打つ手なし。良策は耐え忍んで事態の好転を待つのみか。

こちらが弱ってるところに眼前まで近寄り、間髪をいれずに「あたらへんかったやんけぼけぇ」等、ネガティブな言葉の連呼を情け容赦なく浴びせてくる。使徒の猛攻に私はただひたすら堪えた。

しばらく経つと新潟6Rのオッズがモニターに表示され、ハニーバニーが人気の中心であることに気付いた。あまりの配当の低さに闘争心が失せたか、さっきまでの猛攻が止み、ただ立ち尽くすのみ。

レースが始まっても大声をあげることなく、直線で先頭に立っても少し声を出しただけで呆然としながら行方を見守るだけ。毎度お馴染みの結果になっても弱体化されたように「なんでやねん」と小声で呟いた程度。

いまがチャンスだ!とどめを刺してやる。間髪をいれずに「さらに酷いことになる前に今日はお開きにしよう」と持ち掛けると、意外にも抵抗することなくあっさりと観念した。

じっと耐えた甲斐があり、運よく作戦は成功したようだ。ただ、「明日くるわ」と軽く言い残し、去っていったことが気がかりだ。まだ戦いが続くのか…今回は瞬間爆発型ではなく、こちらをじわじわと蝕む長期継続型か。

エヴァンゲリオン序章
本日購入した馬券と帽子など。
常時繰り返される妄想の世界を現わす。
何ともまぁストレートな表現である。
改善を試みるも、逃れることは不可能だ。

問題は明日か(アスカ)。この先待ち受ける恐怖から逃れられぬ宿命か。

いつもしぶとく居座ろうとする割にはやけにあっさりとしたゲンドウと気持ちの切り替えが気になる。過酷な日々に備え早めに寝ることにした。

次の日の朝、予定よりも早く電話が。もう自宅の前に居るとのこと。それはそれで手間が省けるから助かる今回はやたら回転が早いな…。

ウインズへ向かう途中ローソンへ。今度は準備万端に仕切り直しをするらしい。まず、腹は減っては戦ができぬ…と少しおにぎりでも買っておくか。

しかし、レジへ向かうどころか品物を手に取る様子すらなく、店内をウロウロしているだけ。業を煮やした私は「何にするんだ?」と問うと、「金ない。」とお決まりのセリフが。

毎度のことながら呆れて物を言う気力が失せてしまうゲンドウである。さらにクリアファイルを指差し「2つくれ」とおねだりしてきた。「この前貰ったやつどうしたんだ?」と尋ねると「もってくるのわすれた」みたいだ。

仕方なく対象商品とクリアファイル2枚をカゴへ。このままでは悔しさが収まらず、腹いせに隙を見て2枚あるマリのを1枚アスカのとすり替え、わからないように底へ隠した。これが後で暴走への引き金になることを知る由もなかった。

「釣りはあげるから行って来い」と指令を出すと、タコベエは二つ返事で引き受け、精算を済ませた。予定よりも早くウインズへ着いたが、まだ9時で発売開始まで30分もある…。

タコベエ

お金が無いのに競馬!!!!!!トップへ戻る


このホームページに掲載された記事、写真などを許可なく無断で複製、転載を禁じます。 | プライバシーポリシー
Copyright (c) 2010-2014 by タコベエ All Rights Reserved.