一口馬主とは?|簡単な解説

HOME 我が愛馬達 引退愛馬 タコベエ馬券とは!? 一口馬主とは 写真、動画 過去ログ FAQ
リンク お問い合わせ ツイート
お金が無いのに競馬!!!!!!トップページ > 一口馬主とは?

友駿ホースクラブを最後まで見守ろうコーナーを立ち上げました。

一口馬主になるとどんなメリットがありますか?

一口馬主クラブとは、大雑把に言えば馬1頭購入するとなると非常に高額なので、何分の1かに分割して販売しているところです。入会すると中央競馬(地方も)の馬主気分を味わえ、さまざまな特典が受けられます。
約20のクラブがありますが、特色は各クラブ様々です。

つまり、我々一般人でも馬を持てるということです。(厳密にいえば馬主ではなく、ファンドである)

実際の馬主のように会員になればツアーに参加できたり、条件付きで口取りや愛馬と身近に接することができて楽しめるのがメリット。ただし維持費が必要ですが、もちろん馬が走れば賞金や手当が入ってきます。

現実のファンドと同様、上手くいけば黒字になり利益を上げることは可能ですが、儲けるために回収率を追及して投資することはおすすめしません。あくまで趣味と割り切って自分の予算に合った楽しみ方を心掛けましょう。


まず、一口馬主クラブにインターネットや葉書等で資料を請求します。
ほとんどのクラブでは資料は無料ですが、一部のクラブは有料です。
(なので、タコベエみたいにバンバン取り寄せまくっても結構です。無料か有料かは最初に確認してください。)
気にいった募集馬が見つかればパンフレット等に同封されている申込用紙に必要事項を記入し、入会金や馬代金等を納入すれば 晴れて出資完了です。


必要な費用

ここではおおよその目安を書いています。一口馬主に必要な費用は各クラブによって異なるので、後になって後悔しないよう最初に資料をよく読んで比較をしておきましょう。

初期費用

入会金:10,000〜30,000円くらい

注意点は、一度退会してしまうと再入会する際にその都度上記の費用が掛かります。

馬代金:募集総額÷設定口数×所有数

資料には馬個体の募集総額または計算後の単価のどちらか片方だけ表示されている場合があり、金額を勘違いしないようによく確認すること。

年1回:保険料(1年掛け捨て):募集総額の数%÷設定口数×所有数

毎月

クラブ会費:3,000円前後

預託料:約30〜70万円÷設定口数×所有数 または月額固定料金
実際の馬主と同様、馬を預ければ月々の経費が掛かります。ほとんどのクラブで2歳1月から必要になります。厩舎にいるか牧場にいるかで大きく異なります。毎月実費清算するか固定費用かはクラブによって異なります。

上記の内容が一口馬主に必要になってくる費用です。

もし募集総額2,000万円、500口募集で1口所有、3歳10月(24カ月)まで所有したとします。
1口あたりの費用は、
馬代金:40,000円 + 保険料:3%×2年=1,200円 + 預託料:約1,000円×24カ月=24,000円 =65,200円
つまり、3歳10月まで必要な費用は、だいたい64,240円くらいになります。(入会費、会費を除く。)


会員への特典

会報誌の発行:月1回会報誌と計算書が送付されてきます。内容は新聞紙みたいにペラペラみたいなものから、
70ページ位のしっかりした冊子までクラブによってさまざまです。

口取りへの参加:愛馬が見事勝利した際、口取り(表彰式のようなもの)の写真撮影に参加できます。
但し、人数には上限があり、希望人数が多ければ抽選になります。

近況報告:愛馬、クラブ所属馬の近況がホームページ等で閲覧できます。
更新頻度は随時行っているところもあれば、定期更新のところまでクラブによって異なります。

また、育成、調教方法、出走のローテーション、進退等の進言は馬主であるクラブが行います。
一口馬主会員は愛馬に関することを調教師等に進言できる権限はありません。


配当について

配当の手数料や分配の方法は各クラブによって異なります。おおよその目安を書いています。資料やホームページ等で確認してください。

我々一口馬主が手に入るのは賞金、出走手当、各種奨励賞、見舞金、保険金があります。

賞金:1着〜5着までに入着すれば交付されます。
2着以下は1着の金額に対し、それぞれ40 25 15 10%の割合で交付されます。
そこから、調教師、騎手、厩務員に対する進上金20%、消費税、クラブ手数料3〜5%を差し引いた総額から源泉税を控除後、分配されます。
だいたい獲得賞金の50〜60%がこちらに入ってくると考えてください。

出走手当、各種奨励賞:レースに出走するともらえます。
特別出走手当、出走奨励賞(6〜8着)、距離別出走奨励賞(1800m以上)、内国産馬所有奨励賞、付加賞があります。

ただし、タイムオーバー(1着の馬から所定のタイム遅れてゴールすること)や競争中止になった場合、交付されません。
各種手当は着順や条件によっては減額されることもあります。

見舞金、保険金:馬が故障、死亡、引退した際に支払われます。いずれも金額は程度によって異なります。

JRA管轄の施設内(競馬場、厩舎、トレセンなど)で故障した場合のみ見舞金が支払われます。育成牧場など放牧先で起きた事故は対象外です。

登録抹消後は引退清算金が支給されますが、厩舎に最低60日は入厩していないと貰えず、一口馬主の場合、将来有望な馬なら、一旦地方競馬へ転出してから条件を満たした後、再ファンドの形式を採ることもあり、この場合はどちらかを選択することになります。


補償について

補償制度が2010年秋以降の募集から金融庁の指導により廃止されました。

内容

一口馬主では愛馬が残念ながら未出走、未勝利に終わった際、特有の補償制度があります。

補償は各クラブによって割合や形態が異なります ほとんどの場合、馬代金の40〜50%から稼いだ賞金、手当などの金額を引いた額の割引証書(有効期限1年)が支給されます。ちなみに現金には替えられませんので注意してください。

タコベエ
Powered by 一口馬主DB

一口馬主とは?|簡単な解説トップへ戻る | お金が無いのに競馬!!!!!!トップページに戻る | 引退愛馬はこちら

このホームページに掲載された記事、写真などを許可なく無断で複製、転載を禁じます。
Copyright 2010 by タコベエ All Rights Reserved.