夢と感動を意味するコレクターアイテム

我が下僕に愛の手を WahtsNew タコベエとは コレクション 武勇伝 ムービー
お金が無いのに競馬!!!!!! 下僕王タコベエ イラスト集 BBS リンク ご意見、ご感想

我が下僕に愛の手をタコベエ公式サイト > コレクション|意味不明なコレクターアイテム集

あなたは趣向はどうであれ、「何か」の宝物を集めている(いた)はずだ。
いまとなっては、他人から見れば意味不明なガラクタでも大切な想いが詰まっている。
我々も感動的なこれらのコレクターアイテムの虜になり、やがて下僕と化してゆく。
タコベエもまた夢とロマンを追い求め、「何か」に自身の願いを託す。

なぜコレクションを極めるのか…。意味は大別して2つある。

それは、お金が無いので買えない、したいことができず、妄想するために心理が働き収集する。
或いは、無料で(商品の付録も)貰えるものはすべて貰う癖が身に染みつき趣味になってしまったからである。

下記の自慢(!?)のコレクションはほんの一部分にすぎません。
いままで処分、売却(相手に買取)した分を含めると…。本当に凄いっ。凄すぎ。
趣味という範疇を超えているほど壮大。そんな収集マニアに愛の手を!!

とにかく重要なのは数だ!価値やトレンドに囚われると選択肢が狭くなってしまう。

特選!タコベエの帽子コレクション

帽子をコレクションする意味は、描かれているイラストを取り替えることにより、 自分の世界観(イメージ)…つまり、妄想の内容を必要に応じて変化させ気分転換を図るためである。

帽子はタコベエにとって必要不可欠で一生モノのコレクターアイテムで、毎日かぶっている。頭髪がすべて抜け落ちてはげることなどどうでもいいらしい。

かぶり方はその時の気分に応じて前、後ろ、横と角度を頻繁に替えて楽しむ。大量に所持することにより着こなしの組み合わせは多彩なバリエーションに。 その中でも特に印象に残る!?ものを厳選してみた。

コレクションの種類はニットキャップからテンガロンハットまでさまざま。帽子なら何でもよく、特にこだわりはないようだ。似合うかどうかは別として、 数を重視し、たくさん所持して部屋に飾る、毎日かぶることで自分の世界が広がるという意味で考えているそうだ。

収納方法は、部屋のスペースが狭くてスタンドに立て掛けることができないため、多すぎるためとはいえ整理もせず、仕方なくタンスへ乱雑に詰め込み保管し、しわが付こうがお構いなし。それでも入り切らず、よくかぶるのは手が届きやすいように部屋の中にわざと並べて配列しておく。 (あちこちに散乱させる)

選び方は、高価な帽子を買う場合もあるが、基本的には大量にコレクションすることを優先する。ただ、資金が限られているので選択肢が狭くなりがちに。そのため、メンズ、レディースを問わず安い商品を片っ端から買い漁る。 つまり、最初は気に入らなくても集めてかぶっていくうちに愛着が湧き、センスが研ぎ澄まされてゆくのだ。

洗濯はまったくせずに、常時汚れたままだ。アンティークコレクターはより古くて年季の入ったものを好むように、 使い込むことで価値が上がり骨董品になると考え、臭いが染み付こうが敢えて洗わず、室内に放置して自然な状態にする。汚れ具合で愛着度を推し量ることができる。

桃華絵里 momoeri lovely collection

詳しくは下記のページで解説しています。

皆誰もが異性に興味を持つ(った)だろう。彼もまた然り。
自分の願いを日々絶え間なく連呼し、特に女性に対し強い想いを強調する。
帽子もファッションの一つである。親密になるにはどうすればいいかの第一歩としてどんな装飾をするかを知り、 人気や流行に敏感でファッションに気を遣う女性の心理や価値観を共に理解、共有し、打ち解けようとする。

ももえりの帽子

寸評

桃華絵里 ももか えり 愛称:ももえり

ファッションモデルで実業家。元キャバ嬢。楽天などのネットショップで通販事業を展開する株式会社Moery(モエリー)の代表取締役。

元キャバ嬢の点がポイントで、キャバクラへ行くのが夢の1つであるが、 小銭しかないくせに、8周年記念特別企画お金が無いのに競馬!!!!!!等、 競馬で儲けてキャバクラに行こうと画策するが、悲惨な馬券運で失敗に終わる。

帽子にはHONEY LOVE momoeri lovely collectionのイラスト、下部中央にMoery(モエリー)のロゴ、つばの部分に赤の刺繍でmomoeriの文字、淵にピンクのアクセサリーで装飾。

Moery(モエリー)の商品のラインナップを見ると、若い女の子が身に着けるアイテムばかり。

レディース向けのデザインの帽子をかぶるとは、さすがだ。ついにここまできたか…。
相手を思いやり、全体の和に溶け込むため、周囲の目を厭わぬ勇気と行動は称賛に値する。

どうやってこの帽子を手に入れたかはわからないが、趣味で平然と買えるところが凄い。
女の子と一緒になりたい。仲間に入れてほしい。強い欲望にまみれた心理がmomoeriブランドという形で具現化している。

この帽子にウイッグを付けてさらにボリュームを出し、より本格的にしようとするが、お金が無い為実行できずにいるのが救い。

はっきりいってタコベエの顔はダーブラみたいだ。クッキーにされて女の子に食べられたい… と妄想するが、魔人ブウすら食べないだろう。そんなタコベエに愛の手を…。

「これが わたしの コレクションの すべてだ!!」

「ナンバーワーン!!」

帽子コレクション

どうだすごいだろ〜。帽子屋を開けるぐらい持ってるぞ。誰か高値で買取ってください。
これらはほんの一部なので、表示の枠を越えてまだまだ増えるぞ。

無料で貰えるアイテムや商品の付録など

強欲の世界を彩るコレクションの一部分を取りあげてみた。

主に無料で入手できるものばかりで、アイテムの種類と数量は豊富でバラエティに富む。
「無料」という語句に入れ食い状態で、チープなものばかりだが、
いつか大金持ちになり高級品に鞍替えしようと夢見る。
もし、感動の大願成就を迎えても、思い出に残る永遠の宝物として大切に保管されていくだろう。

無料で貰えるアイテム、付録:ライター、ストラップなど、貰えるものは何でも貰う。
女性関連:一緒になりたい。デートするところを妄想する。

チラシ、パンフレット等の紙媒体

紙媒体を大量にコレクションするのが趣味だ。いつでも簡単に入手が可能で、常時所持しており「すごいやろ」と床に並べ自慢し、紙屑コレクターを自負する。また、買取らせることで大金持ちになることを夢見る。

タコベエにとってこれらは生活の一部ではなく「そのもの」で、数はあらゆるコレクターを凌駕し、集めたいという心理はマニアの枠を通り越して一線を画す。その活動っぷりを「廃人」と自他共に認めるほどすごいのだ。

チラシ、パンフレットへの愛と収集生活の続きを読む

紙屑を収集する理由は、無料で貰えるのはもちろんのこと、お金がなくて買えない、利用できず、やむを得ず印刷されている画像(イメージ)を眺めて妄想して活用し、疑似的に購入した気分になり感動に浸るためだ。

チラシ、パンフレットは日常生活に欠かせない存在で、部屋の中に保管し切れず処分して換金するまでは、肌身離さず保有し、寝食共にする大切な一生のパートナーである。

種類は大まかに分類すると携帯電話やスマホ等の電化製品カタログ、パチンコ台の小冊子や、競馬の馬券やレーシングプログラムなどギャンブル関連の紙媒体、自分の願望であるピンクチラシに分けられる。
これらは、海物語のマリンちゃんを楽しむことについて
コレクターアイテム(馬)でそれぞれ解説しています。

チラシ、パンフレット収集し続けた結果、夢は果てしなく拡大。

スマートフォンのパンフレット
相変わらずパンフレットを集め続け、妄想している。
パチンコ台のチラシ
お金が無くて打てず、パチンコ台のチラシを並べ、雑誌を読んで楽しむ。
外れ馬券
本来捨てるはずの紙屑まで集めてしまう。

商品の付録、キャンペーンの景品

付録やおまけをコレクションする理由は、購入資金が非常に限られるためか、「無料」「お得」というフレーズに弱いから。如何にたくさん集めるか、どれだけ対費用効果が高いかを最優先し、自己満足の世界を楽しむ。商品の品質に対して値段が高い物はさすがにタコベエでも敬遠する。

何でも集めたい強欲な心理面からコレクター屋敷を夢見る。その数は部屋の中に収納し切れず、屋外にあふれている。売る気はあっても捨てることはないようだ。

実用性に富むアイテムから意味不明なガラクタ、女性用のものまで多種多様だ。

特にタバコに付く付録は、ライターはもちろん、シガレットケースやコインケース、はたまた飲食物まで種類が豊富で付加価値があり、 価格も据え置きである。収集意欲を掻き立て、銘柄を問わず購入。これらは主にコンビニで販売。

コンビニで実施しているキャンペーンの景品も日頃よく目にするせいか、関心を示す。内容は対象商品を(複数個)買うとグッズがもれなく貰える。

クリアファイルがほとんどだが、最近は景品のバリエーションが増えつつある。特にローソンのエヴァンゲリオンキャンペーンには真希波マリが大好きなこともあり異常な執着心を見せる。

ローソンエヴァンゲリオンキャンペーンの詳細はこちら。

真希波・マリ・イラストリアスのクリアファイル
エヴァンゲリオンの真希波・マリ・イラストリアスのハーフリングシフォンケーキを食べつつ雑誌を読む。
クリアファイル3枚。
真希波・マリ・イラストリアスのクリアファイルその2
さらに新作を数枚追加で、満足そうに「余は満足じゃ」といった殿様感覚で横たわる。
ライターを自慢する
自慢のコレクションを並べてキリッとポーズをキメる。
たくさんのライター
左の写真の拡大図。
数はゆうに100を超える。これらはほんの一部だ。
女性向けのかわいいサイフ
タバコ(細いやつ)の付録でピンク色のサイフ。
momoeriのデザインではない。センス云々より「一心同体」に感服。
ポッキーと付録のモー娘。のシール
ポッキーと付録のモー娘。シール。
たくさんのストラップ
ストラップがいっぱい。

拾い物コレクター

真のコレクションキングを目指すにはまだまだもの足りず、ゴミ捨て場や道端に落ちている物まで拾い集めてくる。乞食と後ろ指差されようが、人目をはばからず収集する行動力あふれたコレクター魂は誰も真似できないと思う。

拾い物の最大の目標はお金だが、こればかりは上手くいかないようだ。多くの場合、雑誌やゴミ類だが、時としてお宝にありつけることもある。

お宝とは、DVDやトレーディングカード、完全に動作する機器類といった古物で、実際にショップで買取されている品々。しかし、ソファーは大きすぎて保管不能のため、後ろ髪引かれる思いで断念する。

目次

関連トピックス

タコベエ

コレクション|意味不明なコレクターアイテム集トップへ | 我が下僕に愛の手をタコベエ公式サイトへ
このホームページに掲載された記事、写真などを許可なく無断で複製、転載を禁じます。 | プライバシーポリシー
Copyright (c) 2010-2013 タコベエ All Rights Reserved.